スポンサーサイト
 --.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   [スポンサー広告]
トレーニングのたびに開眼
 2005.12.20 Tue
晴れ


昨日は2回目のトレーニングでした

このようなクリッカーと
F937

米粒大のご褒美を使います
F938

今週は、飼い主さんに着いて行くと、良いことがあるよ♪
と思ってもらうことと、手に持っているおやつを鼻先に
差し出しても、手をホジホジカジカジしないで待つように
なるトレーニングです。まだ2日目ですが、かん太もももも
とても楽しそうに、トレーニングをしています♪



みなさんは、わんこと一緒に楽しみながら、トレーニングをしていますか?
ワタシは、トレーニング前のお話も含め、先生から3度お話を聞いていますが、
かん太を迎えた頃の気持ちが、変わっていたことに気づかされました。
最初の頃は、「ワタシも、かん太も楽しくトレーニングをしたい。
コマンドを出したら、どこでもサット喜んでやってくれる・・・。」
それが、気づかないうちに、従ったら自己満足だけで、かん太はおやつ欲しさでやるものの、その行為を楽しんでやっているわけではないと思います。
数ヶ月前、ゴハンの前に、お座り→伏せ→バーン→そのまま待って・・・をさせていました。
ですが、あまり待ちすぎてかん太はヨダレ・・・。ゴハンの前にコレだけやっても、
他のシーンでできるかと言ったら、「ゼッタイ出来る!」と言えません。コレだけできた!
というワタシの自己満足でしかありません。
肝心なときに、それをできるかどうかです。
かん太を迎えてから、どれほどの躾の本を買い、読み漁ったかしれません。
どの本にも書いてある、リラックスポーズも、仰向けにする際、噛もうとするしぐさを
するのであれば明らかに、嫌がっています。終わった後に頭をブルブル振るのであれば、
リラックスどころか、ストレスを感じていることになります。
この話を聞いて、1年もの間、かん太には可愛そうなことをしてしまったかな・・・と思っています。


目の前にゴハンやおやつがあるからやるのではなく、飼い主さんが喜ぶなら、
それを喜びとしてやってくれる、そして、彼らがあの世へ召されるとき、
あなたの目をみながら逝ってくれたら嬉しいと思いませんか?


トレーニングも、まだ先がありますが、毎回先生のお話を聞くだけでも、本当に良かったと思っています。ここには書ききれないお話も、たくさんありますが、毎回開眼させられるお話ばかりです。
また公開できる内容のものは、アップするつもりです。
スポンサーサイト
  c:26  t:0   [トレーニング]
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。